Day: August 6, 2020

ブラックジャックのカードカウンティングの仕組みを徹底解説します!ブラックジャックのカードカウンティングの仕組みを徹底解説します!


gambler

ブラックジャックの必勝法である「カードカウンティング」を知っていますか? カードカウンティングを覚えることでブラックジャックでの勝率や利益を上げることが可能となります。 今回は、カードカウンティングの仕組みについて解説していきます。 ブラックジャックのカードカウンティングとは? ブラックジャックの必勝法である「カードカウンティング」とは、場に出た全てのカードを記憶することでまだ出ていないシューの中のカードを予測する行為のことを指します。 「シュー」とは、未使用のカードを入れておくデッキのことです。 シューの中のカードは、ゲームを進めていく上で必ず偏りが発生します。 その偏りを上手く利用して次に場に出てくるカードの確率を予測していきます。 カードカウンティングは難しいと思われがちですが、仕組みさえ覚えてしまえば簡単に使用することができる必勝法です。 ブラックジャックのカードカウンティングの仕組み ブラックジャックでは、2枚のジョーカーを除いた52枚のトランプカードを1デッキとしてゲームを行っていきます。 ブラックジャックでの数字の数え方は特殊となっており、「2〜9」のカードはそのままの数字で計算し、「10」「J」「Q」「K」のカードは全て「10」として計算し、「A 」のカードは「1」もしくは「11」として計算します。 ブラックジャックでの数字は「10」として扱われるカードが非常に多くなっているため、「10」「J」「Q」「K」の「10」の役割を持つカードがシューの中にどのくらい残っているかを予測することがカードカウンティングの最重要ポイントとなります。 例えば、プレイヤーに「7」と「4」のカードが配られたとします。 この2枚の合計値は「11」となります。 この時にシューの中に「10」の役割を持つカードが多いことが把握できていれば、「10」を引いて「21」にすることができる確率が高いため、プレイヤーが有利な状況であると判断することができます。 次に、プレイヤーに「10」と「5」のカードが配られたとします。 この2枚の合計値は「15」となります。 プレイヤーのカードが「15〜17」であった場合にシューの中に「10」の役割を持つカードが多いことが把握できていれば、「10」を引いてバーストしてしまう確率が高いため、無理な勝負はしないという判断をすることができます。 ...

TopBack to Top